イモリ シリケンイモリ

【初心者はこれだけ揃えればOK】シリケンイモリ飼育の必需品3選

【これだけ揃えればOK】シリケンイモリ飼育の必需品3選
まーさん
こんにちは、まーさんです!

動物系専門学校を卒業したあとペットショップで3年働いてました。

今では10匹以上の爬虫類に囲まれながら過ごしてます。

「シリケンイモリって何を揃えれば飼育できる?」

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

結論を言います。シリケンイモリ飼育には以下3つの飼育道具が必要です。

シリケンイモリ飼育の必需品3選

まーさん
この3つを揃えれば初心者でもシリケンイモリ飼育をスタートできますよ!

この記事ではなぜこの3つが必要なのか紹介します。シリケンイモリ飼育を考えている方はぜひ読んでいってください!

以下記事で『シリケンイモリ飼育の初期費用』を紹介してます。

先に初期費用を知りたい方はこちらを参考にしてください。
▶︎【全公開】シリケンイモリ飼育の初期費用と内訳を紹介

シリケンイモリ飼育の必需品3選

シリケンイモリ飼育の必需品3選

さっそく紹介しますね。シリケンイモリ飼育に必要な道具は以下の3つ。

シリケンイモリ飼育の必需品3選

まーさん
この3つがあればシリケンイモリ飼育を始めれますよ!

なぜこの3つが必要なのか初心者にも分かりやすく紹介していきますね。

①飼育ケージ

ヒュドラケース3120

まずは飼育ケージが必要ですね。

ケージがないと何も始まらないので最優先で揃えましょう!

ケージ選びのポイントは以下の2つ。

選び方のポイント

  • 幅30cm以上
  • 脱走対策が万全

この2つを気にして選べばOKですよ!

ケージサイズは幅30cm以上

ケージのサイズは『幅30cm以上』がおすすめです!

なぜなら、ろ過フィルターや陸地を設置するとケージが手狭になるから。

シリケンイモリ飼育ではろ過フィルターや陸地、レイアウト用品(流木、石)と設置する道具が多くケージがごちゃごちゃします。

まーさん
ごちゃごちゃし過ぎるとイモリが動ける範囲が減っちゃうんですよね……。

そのため、スペースに余裕ができる『幅30cm以上』の飼育ケージがおすすめですよ!

脱走対策が必須

シリケンイモリは脱走の達人とも呼ばれるぐらい脱走が得意なイモリです。

狭い隙間やフタが無いケージだとぬるぬると簡単に脱走されちゃいます。

そのため、隙間があったりフタが無いケージは絶対に使ってはいけませんよ!

おすすめの飼育ケージ

先ほどの2つを考慮して選んだおすすめのケージがこちら。

寿工芸のヒュドラケース3120です。

ヒュドラケースはこんな感じでシリケンイモリを飼育するためのポイントを全てクリアしています。

  • 幅30cm以上

    ▶︎ 31cm×奥行30cm×高さ20cm

  • 脱走対策が万全

    ▶︎上部のフタで脱走対策バッチリ

まーさん
実際に私もヒュドラケース3120を使っていますが何の不満もなくシリケンイモリを飼えてますよ!

満足しすぎて以下記事で『ヒュドラケース3120をレビュー』しました。

気になる方は参考にどうぞ!
▶︎【レオパ・イモリ飼育におすすめ】ヒュドラケース3120を徹底レビュー

②陸地

バスキング&シェルターM

シリケンイモリは陸棲傾向が強いイモリです。

そのため、イモリが上陸したくなったときのために陸地を設置してあげましょう!

私が使っている陸地はバスキング&シェルターMです。

バスキング&シェルターMは十分な広さの陸地に、イモリが上陸しやすいよう傾斜が付いてる優れものです。

まーさん
私も使ってますがイモリもしっかり上陸してくれるのでおすすめですよ!

③ろ過フィルター

イモリ ろ過フィルター

シリケンイモリを飼育するならろ過フィルターを設置しましょう!

なぜなら、イモリは水の汚れに弱いから

シリケンイモリは皮膚が弱く水の汚れに敏感なので、ろ過フィルターを使わずに飼育すると体調を崩す可能性が高いです。

そのため、常に水を綺麗にしてくれるろ過フィルターを使ってイモリを飼いましょう!

おすすめのろ過フィルター

私がおすすめするろ過フィルターは水作パワーフィットプラスS

値段が『約1000円(Amazon価格)』と安め。さらにコンセントに挿すだけですぐ使えるので初心者におすすめですよ!

まーさん
私も使ってますがイモリを飼うならこれで十分と自信を持って言えるフィルターでしたね。

余裕があるなら揃えるべき飼育道具2選

余裕があれば揃えるべき飼育道具2選

先ほど紹介した必需品以外に余裕があれば揃えてほしい飼育道具が2つあります。 

それがこちら。

余裕があるなら揃えるべき飼育道具2選

この2つはイモリ飼育の必需品ではありません。揃えなくても支障なくイモリを飼えます。

「じゃあなんで揃えてほしいのか?」というと見栄えに大きく関わるからですね。

というのも、先ほど紹介した『イモリ飼育の必需品3選』だけだとあまりにも殺風景なんですよね。実際にケージをお見せします。

フィルター ホース

めちゃくちゃ殺風景ですよね。

続いてこちらが底砂とレイアウト素材を揃えた飼育ケージ。

イモリ水槽 コケ レイアウト4

「どっちで飼育したい?」と聞かれたら間違いなく2枚目だと思います。

まーさん
底砂やレイアウト素材を置いたほうが圧倒的に見栄えが良いですよね。

そのため、予算に余裕がある方は『底砂』『レイアウト素材』の2点は使うことをおすすめします。

底砂とレイアウト素材は以下で詳しく紹介してるので興味ある方はぜひ参考にしてください。

①底砂

珠五色砂利

私が使っている底砂は金魚・メダカの中粒珠五色砂利 900g

なぜこれを使っているかというと『粒が比較的大きめ』だからですね。

粒が小さい底砂を使っていると水換えが非常に面倒くさいんですよね……。

まーさん
水を捨てるときに底砂を一緒に捨てるなんてことよくあります。

そのため、粒が大きく水換えしやすい金魚・メダカの中粒珠五色砂利を選びましたよ!

②レイアウト素材

私が使っているレイアウト素材は以下の4つ。

レイアウト素材

私はコケメインのレイアウトを作りたいと考えていたのでコケ多めでレイアウトを作りましたよ!

もちろんコケじゃなくて石を使いたいという人は石。流木を使いたい人は流木を使ってもらってOKです。

まーさん
自分好みのレイアウト素材を使ってレイアウトしてください!

以下記事で簡単に作れる『アクアテラリウム風レイアウト』を紹介してます。

記事を見れば誰でも簡単にレイアウトを作れるのでぜひ参考にどうぞ!
▶︎【簡単】シリケンイモリが飼えるアクアテラリウム風レイアウトの作り方

どれを優先して揃えればいい?

どれを優先して揃えるべき?

一度に全て揃えれればいいんですが予算や時間の都合で無理という人もいると思います。

そんな人のためにここからは揃える優先順位を紹介しますね。

まーさん
私的にはこの順番で飼育道具を揃えることを推奨します!

理由は次から紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

1位 飼育ケージ

最優先で揃えるべきは飼育ケージです!

なぜなら、飼育ケージがないと何もできないから

例えば、ケージがないと以下のことをやろうと思っても出来ないんですよね。

  • 陸地を設置する
  • レイアウト素材を設置する
  • ろ過フィルターを設置する

ケージがあって初めてイモリ飼育が始められるので最優先でケージを揃えましょう!

私がおすすめしているケージはこちら。
▶︎ヒュドラケース3120

2位 陸地

飼育ケージの次は陸地を揃えてください。

なぜなら、シリケンイモリは陸棲傾向の強いイモリだから

いつでも上陸できるように陸地も優先して揃えておくと良いですよ!

私がおすすめしている陸地はこちら。
▶︎バスキング&シェルターM

3位 ろ過フィルター

ろ過フィルターは優先して揃えなくても問題ないです。

なぜなら、水換えでもなんとかなるから

ろ過フィルターを使わずとも水換えだけで水質は維持できるので優先順位は少し落ちます。

とはいえ、最終的に必要にはなるので余裕ができたら必ず買っておきましょう!

私がおすすめしているろ過フィルターはこちら。
▶︎水作パワーフィットプラスS

まとめ:飼育道具を揃えてシリケンイモリを飼おう

【まとめ】飼育道具を揃えてシリケンイモリを飼おう

ということで、シリケンイモリ飼育を始めたい方は以下3つを揃えましょう。

シリケンイモリ飼育の必需品3選

まーさん
この3つを揃えればシリケンイモリ飼育をスタートできますよ!

とはいえ、シリケンイモリを飼育するなら飼育道具を揃えるだけでは足りません。

他にも『温度・湿度』『エサの与え方』といった飼育方法を知る必要があります。

飼育方法を知らなければシリケンイモリを飼うことはできないのでネットや本で調べましょう!

以下記事で『シリケンイモリの飼い方』を紹介してます。

シリケンイモリを飼ってみたい方はこちらにも目を通しておいてくださいね。
▶︎【シリケンイモリ入門書】初心者にも分かりやすく飼育方法を紹介

関連記事はこちら

「シリケンイモリの知識が全くないけど飼える?」

「初心者は何をすれば飼えるの?」

こんな悩みをお持ちの方はこちら。

シリケンイモリの飼い方
詳しくはこちら【シリケンイモリ飼育ガイド】初心者にも分かりやすく飼育方法を紹介

続きを見る

「シリケンイモリ飼育っていくら必要?」

「維持費ってどれくらい必要?」

こんな悩みをお持ちの方はこちら。

【全公開】シリケンイモリの初期費用
詳しくはこちら【予算1万で飼える】シリケンイモリ飼育の初期費用を紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まーさん

大阪在住。
動物系専門学校を卒業→3年ほどペットショップで勤務/爬虫類飼育歴7年。 そんな僕が自身の飼育経験で得た体験を元に、初心者の方にもわかりやすく爬虫類の飼育情報を発信していきたいと思います! Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

-イモリ, シリケンイモリ