ミズガメ ミズガメ飼育ノウハウ

【使い心地を紹介】ミズガメ飼育に衣装ケースを使っていいのか?

【使い心地を紹介】カメ飼育に衣装ケースってどうなの?
まーさん
こんにちは、まーさんです!

動物系専門学校を卒業したあとペットショップで3年働いてました。

今では10匹以上の爬虫類に囲まれながら過ごしてます。

ミズガメ飼育に衣装ケースって使っていいの? 使い心地ってどういう感じ?

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

確かにミズガメ飼育に衣装ケースが使えるのか気になりますよね。

せっかく、カメを飼おうと思って衣装ケースを買ってきたのにそれが使えないとなると嫌だと思います。

となれば、衣装ケースでカメを飼っている人がいないか探そうとするわけなんですが意外と情報が少なく出てこないんですよね。

まーさん
どうやって飼えばいいのか分からないとなる可能性が高いです。

そこで、この記事では実際に衣装ケースを使ってカメを飼育している私が『衣装ケースの使い心地や注意点』を紹介します。

衣装ケースを使ってかれこれ5年くらいカメを飼育してるので参考になるのではないかと思います。

ミズガメ飼育に衣装ケースを使っていいのか気になる人はぜひ読んでいってください。

【結論】衣装ケースでミズガメ飼育をしても問題なし

【結論】衣装ケースで飼育しても問題なし

というわけで、さっそく結論を言いますね。

ミズガメ飼育に衣装ケースを使っても全く問題無しですよ!

実際にカメを飼育している写真がこちら。

衣装ケース 全体

横幅50cmぐらいの衣装ケースでミズガメを飼っているんですが全く問題ないんですよね。

なぜ飼育できるかというと、衣装ケースはライトや浮き島といった『ミズガメ飼育の必須道具を加工無しで設置できる』から

ドリルとかドライバーを使って衣装ケースに穴を開けたりと特別な加工を施す必要はありません。

買ってきた状態でそのままミズガメ飼育に使えるので水槽と何ら変わらない状態で使うことができます。

まーさん
私も買ってきたやつをそのまま飼育に使ってます!

当然ながら水漏れはありませんしフタさえ設置すればカメが脱走する心配もありません。想像以上にカメ飼育に適したケージでした。

とはいえ、これだけではまだ本当に飼育できるのか疑問に思う方もいると思います。

そこで、次からは『さらに具体的に衣装ケースの使い心地』を紹介します。 衣装ケースで飼おうか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね。

【使い心地】実際に使って感じた衣装ケースの使用感

【使い心地】衣装ケースの使用感を紹介

私が衣装ケースを実際に使ってみて感じた使い心地は以下の4つです。

それぞれ個別に紹介しますね。

①フタを置ける

衣装ケースは『カメの脱走対策としてフタを置ける』ところが良かったですね。

実際に載せている写真がこちら。

衣装ケース 全体像

カメを飼育するとなるとやはり脱走対策をどうすればいいのか気になる人は多いと思います。

フタが置けないケージだと簡単に脱走されてしまうのでカメを飼うことはできませんが衣装ケースはそうじゃありません。

『衣装ケースの幅より少し大きめのフタさえ準備すれば脱走対策ができる』のでカメを安心して飼育することができましたね。

ちなみに私が写真の中で使っているフタがこちら。スドーのスドー ハープネット 45です。

網目状のフタなので上に『バスキングライトや重りを置けたり使い勝手が良いので愛用』してますね。

フタ選びで迷ったらこれにしておけば間違いなしと自信を持っていえるフタです。

②軽いので丸洗いしやすい

衣装ケースは『軽くて丸洗いしやすい』のも使い心地が良いと感じましたね。

というのも、カメって水を汚すペースが速いので水換えを週2回ぐらいのペースでやらないとダメなんですよね。

となれば、バケツやホースでせっせと水換えするんですが水を全部掬いきれずにエサの残りやフンが残ってしまうことが多いです。

衣装ケース 水換え中

こんな感じで水が減っているのでバケツで掬うのが難しくなるんですよね。

この状態で新しい水を入れるとせっかく綺麗にした水がまた汚れてしまい水換えした意味が無くなっちゃいます。

そんな時に衣装ケースなら『軽くて持ち運びしやすく丸洗い可能』なわち、掬いきれなかった水を全部取り替えることができるので綺麗な状態でカメを飼育できるというわけです。

まーさん
個人的には丸洗いできるという点がかなり使い心地が良いと感じてますね!

③ソケットを挟めるのでライトの設置がしやすい

衣装ケースは『ライト類を設置しやすい』のも良い点ですね。

実際にライトを設置してる写真がこちら。

衣装ケース フチ

特別な加工は何もしてません。爬虫類用に売られてるソケットを衣装ケースの縁にそのまま設置してます。

ドリルとかドライバーとかで加工せずに飼育道具を設置できる所がかなり使い勝手が良いなと感じますね。

④サイズ展開が多く部屋のスペースに合わせて設置できる

衣装ケース 全体像

衣装ケースは『とにかくサイズ展開が多い』ので部屋のスペースに合わせて設置できる点が良いですね。

水槽だとサイズ展開が少なく融通が効かないので大きすぎたり小さすきたりと自由度が低いです。

その点、衣装ケースは『細かくサイズが設定されている』ので部屋の空きスペースに丁度良いサイズを見つけるのは簡単なんですよね。

カメを飼いたい方の中には限られたスペースの中で飼おうと考えている方もいると思うのでそんな方に衣装ケースはおすすめですよ。

【注意点】衣装ケースでカメを飼育して気になったこと

【注意点】実際に衣装ケースを使って気になったこと

ここからは実際に衣装ケースでカメを飼育してみて「う〜ん、これは微妙だな……」と感じたことを紹介します。

衣装ケースを使うならこれらは避けては通れないのでぜひチェックしてください。

以上、4つが微妙だと感じた点ですね。それぞれ個別に紹介します。

①視認性が悪い

衣装ケースは『視認性があまり良くない』のは残念な点ですね。

実際の写真がこちら。

衣装ケース 正面

少し曇ってる感じがしますよね。 比較対象として水槽も載せておきます。

カメ水槽 正面2

衣装ケースと比べると視認性が違いますよね。

当たり前といったら当たり前なんですが衣装ケースは水槽と違い動物を飼うために作られたわけではありません。

衣服を収納するために作られた道具なので視認性は考慮されていないので視認性が気になる方は別のケージを使ったほうがいいのかなと思います。

まーさん
カメをしっかりと観賞したい方は水槽がおすすめです!

②割れる可能性大

ガラス製の水槽と違って衣装ケースはプラスチック製なので『割れる可能性が高い』ところは微妙ですね。

プラスチックなので強い衝撃が加わると割れる可能性が高く、掃除中に割れるということもよくあります。

まーさん
実際に私も使ってる途中で取っ手が割れたという経験が……。

割れたときの写真がこちら。

衣装ケース 割れる

結構ひどい割れ方をしてますよね。1年ぐらい使ってたので劣化が激しく割れちゃいました。

とはいえ、普通に飼育している分には割れたりしないので扱いに注意すればカメを飼うことは可能です。

ただ、不安な人や心配性の人はガラス製の水槽のほうが安心して飼育できると思うので水槽を使ったほうが良いと思います。

③上からの観賞しかできない

衣装ケースは『基本的に上からの観賞しかできない』のも微妙ですね。

というのも、衣装ケースって視認性が悪いので横から鑑賞しようにもカメが見づらいです。

衣装ケース 正面

見れないことは無いんですがやはり見づらさはあります。水槽と比較するとその差は歴然です。

カメ水槽 正面2

横からでもしっかり観賞したい方は圧倒的に水槽がおすすめなので衣装ケースは使わないほうがいいなと思います。

④傷が付きやすく劣化しやすい

衣装ケースは『傷が付きやすく劣化しやすい』のも微妙ですね。

衣装ケース 透明度

プラスチック製なのでカメの爪により傷跡が残ったり水によって劣化が早かったりと大体1年ぐらい使うと交換しないといけません。

もし劣化した状態で使い続けると不意に割れて水漏れして大変なことになってしまいます。

そのため『耐久性の高いケージをお探しの方は水槽が圧倒的におすすめ』ですね。

【水槽との比較】カメを飼育するならどっちが良い?

【水槽との比較】カメを飼育するならどっちがおすすめ?

ここまで読んできた方の中には

「結局のところ、水槽と衣装ケースどっちがおすすめなの?」

という疑問が湧いてくる人もいると思います。

そこで、元ショップ店長の私が独自の観点から『水槽と衣装ケースどっちがカメ飼育におすすめなのか比較』してみました。

以下に比較表を載せてあるのでぜひ参考にしてくださいね。

項目 水槽 衣装ケース
値段 約3,000円~4,000円
ガラス製で物持ちが良い分、衣装ケースより若干高め
約2,000~3,000円
水槽よりも安い代わりに耐久面に難あり
視認性 透明度が高く視認性良し 曇った感じなので視認性は悪い
観賞面 上からでも横からでもOK 上からの観賞しかできない
(横からでも観賞できるが視認性が悪い)
劣化のしやすさ ガラス製なので劣化しにくい プラスチックなので劣化しやすい
サイズ展開の多さ サイズは『30cm.45cm.60cm.90cm』
基本この4つのみ
水槽以上に細かく設定されてるのでサイズが豊富
水換えのしやすさ 重いので丸洗いしづらくやりずらい 軽いので丸洗いしやすく水換えしやすい

個人的な観点から比較したところこんな感じになりましたね。

【結論】

水槽
耐久性や視認性、使いやすさといった性能面に優れている
➤長く使いたい方におすすめ

衣装ケース
水槽よりも性能面は劣るがとにかくメンテナンスしやすい
➤管理面をとにかく楽にしたい方におすすめ

【まとめ】衣装ケースを使用しても問題なし……だが

【まとめ】カメ飼育に衣装ケースを使っても問題ないが……

まとめとして『カメ飼育に衣装ケースを使うのは全然問題なし』です。

まーさん
実際に私も使ってますが問題なくカメを飼えてますよ!

ただ『使い心地が良いのか悪いのかは人によってかなり差が出る』かなとは感じますね。

私的には使い心地が良いので使ってますが視認性が悪かったり耐久性に難ありだったりとか気になる点も多いです。

そのため、これらが気になる方は素直に水槽を使ったほうがいいかなと思います。

最後に今回紹介した衣装ケースの使い心地、注意点をおさらいしておきましょう。

関連記事はこちら

【カメを衣装ケースで飼うために必要な道具】

以下記事で『実際にカメを衣装ケースで飼うためには何が必要なのか』紹介してます。ぜひ参考にしてください。

こちらもCHECK

【元ショップ店員が紹介】衣装ケースでカメを飼うには?
【カメを衣装ケースで飼うには何を揃えればいい?】元ショップ店員が全て紹介

続きを見る

【カメを衣装ケースで飼うための初期費用】

以下記事で『カメを衣装ケースで飼う場合の初期費用』を紹介してます。

いくらかかるのか気になる人はぜひチェックしてください。

こちらもCHECK

【初期費用紹介】衣装ケースでカメを飼うにはいくら必要?
【予算2万でOK】衣装ケースでカメを飼うための初期費用を紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まーさん

大阪在住。
動物系専門学校を卒業→3年ほどペットショップで勤務/爬虫類飼育歴7年。 そんな僕が自身の飼育経験で得た体験を元に、初心者の方にもわかりやすく爬虫類の飼育情報を発信していきたいと思います! Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

-ミズガメ, ミズガメ飼育ノウハウ